男女

辛い症状を緩和してくれる腰痛改善グッズを使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

転移のある大腸がん

診察室

大腸がんで転移しやすいのは

大腸がんは結腸と直腸のいずれかにできたがんです。大腸は主に便が通る部分です。そのため大腸にがんができると便に血が混じったり、便がつまったり、おなかが痛くなることがあります。 大腸がんが最も転移しやすい臓器は肝臓です。大腸がんと診断された人の約10%に肝臓への転移が認められています。その他の部位への転移が合わせて7.5%であることを考えると、多い転移先です。 その理由としては、大腸の血管が肝臓につながっており、がん細胞が血流にのって肝臓に飛んでいくと考えられます。血流に関係なく転移する場合は大腸がんがその場所で大きく育ち、そのかけらがおなかの中にばらまかれることで、腹膜に転移することがあります。腹膜の転移は腹水があれば予想が可能ですが、手術で開腹した時に初めて見つかる場合もあります。

診断と治療

大腸がんと診断をされたら、治療方針決定の為、転移の有無を調べる検査を行います。通常は肺のCT、おなかのCT・超音波検査、シンチグラムなどです。 大腸がんの治療方針は手術が可能かどうかで判断されます。そのため転移があったとしても大腸と一緒に切除が可能であれば、まずは手術が選択されます。もっとも多い肝転移の場合は大腸・リンパ節・肝臓の一部をあわせて切除します。 病変すべての切除が困難な場合でも、大腸がんは進行すると便がつかえて腸閉塞を起こすため、基本的には大腸だけでも切除して病変を取り除きます。それも難しい場合は人工肛門を作り便がつまらないようにします。 病変が残っている場合もしくは再発の可能性が高い場合には抗がん剤治療が行われます。大腸がんの症状として腰痛がありますが、腰痛がひどいようであれば、腰痛改善グッズを使用するようにしましょう。腰痛を悪化させないためにも、腰痛改善グッズを購入する際には医師に相談するとよいです。

治療方法とかかる費用

看護師と医者

がんは体の様々なところに転移しやすいものです。胃がんも転移をしないためにがんの部分の切除が必要になります。多くの検査や治療、手術があるので、ある程度の費用が必要になります。

もっと読む

治療の難しい病気

カウンセリング

原因がまだ救命されていない慢性疲労症候群は、日頃の疲れが取れない病気となっています。しかし、これは初期症状の一つで悪化してしまうと体の自由が効かなくなってしまう恐ろしい病気となります。

もっと読む

女性特有のがん

女医

日本人の2人に1人がかかると言われているのががんですが、中でも女性がかかるのが乳がんです。がんが進行すると乳房を失ってしまう可能性もあるので、定期検診やセルフチェックを行なうことが大切です。

もっと読む