治療方法とかかる費用|辛い症状を緩和してくれる腰痛改善グッズを使おう
医師

辛い症状を緩和してくれる腰痛改善グッズを使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療方法とかかる費用

看護師と医者

胃がんの入院手術費

他のがんと同じく、胃がんの治療費も、がんが転移しているかどうかによって大幅に違ってきます。 比較的初期の胃がんの治療では、内視鏡を使った手術がおこなわれるのですが、この場合は1週間ほどの入院費と手術費とを合わせて20〜30万円かかります。しかしある程度進行している胃がんの場合は、リンパ節への転移が考えられるため開腹手術がおこなわれることになります。腫瘍がある部分を含めた比較的広範囲を切除しますし、転移があった場合にはそこも周辺組織と一緒に切除します。切除する範囲が広いため、回復までに時間がかかり、2〜3週間ほど入院することになりますし、その分治療費は高めになります。具体的には100万円ほどで、これに加えて再発を防ぐための抗がん剤治療の費用が100万円ほどかかってきます。

自己負担額は9万円ほど

このように、転移しているかどうかで胃がんの治療費はかなり違ってくるのですが、実はいずれの場合も自己負担額はそれほどかわりません。なぜなら高額療養費制度があるため、1ヶ月の医療費が指定されている金額を超えた場合には、その分のお金が後から手元に戻ってくることになるからです。指定されている金額は、収入にもよるのですが、一般的には9万円弱となっています。したがって、内視鏡手術で30万円を支払った場合でも、開腹手術で100万円以上を支払った場合でも、自己負担額は9万円ほどで済むことになるのです。 ただし胃がんの場合は、胃を切り取った後で、食べたものの消化吸収をするための再建手術をおこなうことになります。そのため、それに問題がないかどうか、消化吸収がうまくできているかどうかを確認することが必要になってきます。定期的に通院して、血液検査やエコー検査などを受けることになるので、その費用の支払いが必要です。