女性特有のがん|辛い症状を緩和してくれる腰痛改善グッズを使おう
医師

辛い症状を緩和してくれる腰痛改善グッズを使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性特有のがん

女医

早期発見で改善可能

現在メディアでも多く取り上げられるようになった病気の1つが、がんです。日本人の2人に1人ががんを発症すると言われており、がん患者の3人に1人が死亡すると言われています。がんと言っても様々な種類がありますが、その中でも女性特有のがんと言われているのが乳がんです。乳がんは、がんの中でもセルフチェックで判断できる数少ないがんの1つではありますが、年々乳がん患者が増えているのが現状です。乳がんは科学療法やホルモン療法、分子標的治療と呼ばれる治療がまず行なわれ、その後進行すれば手術でがん摘出という流れになります。早期発見すれば改善できるがんでもあるので、乳がんの定期健診やセルフチェックは年に数回行なっておくのが良いでしょう。

人によって違う

乳がんと言っても、人によって進行スピードや腫瘍の大きさ、悪性度などが違ってきます。リンパ節への転移やその他の臓器へがんが転移している場合は、術前の治療は行なわず、直ぐに手術で摘出する流れになると言われています。がんは身体のあらゆる臓器へ転移する病気なので、早期摘出することで命を救うことにも繋がるでしょう。がんの手術は乳房の手術とリンパの手術を組み合わせて行なうことが多いと言われています。乳房を手術する場合、温存手術と切除手術の2種類に分かれますが、切除する場合は乳房を失うことになるのです。胸は女性であることを象徴する大切なパーツです。乳房切除手術をした後、失った胸を見て精神的ショックを受ける女性は多いと言われています。
乳がんセルフチェックは鏡を見て入浴前や入浴中に行なうことができるので、定期検診に行けていない人も、まずは自分で自分の胸を確かめてみるのが良いでしょう。